セブンウォーター水素水7.0ppmってどうなの?

セブンウォーター水素水7.0ppmって?リアルな口コミ・評価がこれだ!

 

水素の濃度が5.0〜7.0ppmにもなるという、高濃度水素水セブンウォーターを手に入れ、実際に水素水を作って飲んでみました。

 

まずは、定番の記念撮影です。こんな箱に入っています。

 

セブンウォーター水素水7.0

 

セブンウォーター水素水7.0
(スターターキットの箱を開けると、中には、このような感じで高濃度の水素水を作るキットが入っています。)

 

セブンウォーター水素水7.0の水素水発生剤
(スターターキットには、水素発生剤が30袋入っています。)

 

 

セブンウォーター水素水7.0ppmの公式ページは、↓↓↓をクリック

>> セブンウォーター水素水7.0ppm <<

 

 

 

セブンウォーター水素水7.0を入念にチェックしてみました!

 

アキュエラ水素水7.0との違い

以前、アキュエラ水素水7.0でも高濃度の水素水を作ってみたのですが、両社の製品とも開発元は同じです。ただ、作り方がちょっと違いますね。

 

付属の専用ペットボトルにミネラルウォーター(お茶、ジュース、スポーツドリンクでもOKのようです)を入れるところまでは同じなのですが、このセブンウォーターの場合は、ペットボトルに飲み口の一番上まで満水になるように、水素を溶存させたい飲料(ミネラルウォーター等)入れます。そして、直接、水素発生剤を入れます。

 

セブンウォーター水素水7.0の水素水発生剤
(専用のペットボトルにミネラルウォーターを満水にして、付属の水素発生剤をいれ、しっかり蓋をします。)

 

アキュエラ水素水7.0の場合は、専用の水素発生キットが用意されていました。試験管のようなものの中で水素を発生させるキットなのですが、それをペットボトルの中に浮かせ、発生した水素を充満させる仕組みになっていました。

 

ところが、このセブンウォーター水素水7.0の場合は、水素発生剤があるのみ。つまり、専用ボトルの中に、直接、この水素発生剤を投入します(上の写真参照。キャップ近くの白くて細長い物です)。

 

 

もう一つ違うところは、アキュエラ水素水7.0の場合は、水素発生キットから水素の発生する様子が伺えたのですが、セブンウォーターの場合は、見ていても水素の発生するような泡が見えません。ゆっくりゆっくり水素が発生して、ボトルの中に充満していくようです。

 

実際、ミネラルウォーターの中に水素発生剤を直接投入して、10分経っても30分経ってもボトルの中に変化がみられないのでおかしいなと思い、思わずサポートセンターに電話して聞いてみました。

 

回答は、「見ていても分かりません。でも、ゆっくりゆっくり水素は発生しているのでご安心ください!」とのこと。「水素発生剤を入れて、12時間後、24時間後の様子を確認してください。」とのことでした。

 

そこで、約20時間経過した時のペットボトルをチェックしてみたところ、↓↓↓

 

セブンウォーター水素水7.0の水素水発生剤

 

 

写真では分かり辛いですが、飲み口のところの水位が下がっていると同時に、ペットボトルを握ってみると、パンパンに硬くなっています。水素が、ペットボトルに充満しているということの証です。水素発生剤からじわりじわりと発生した水素が溜まっているんですね。

 

 

セブンウォーター水素水7.0の水素は高濃度!

私達素人には、水素濃度を詳しく測ることはできませんが、付属の説明書によれば、

 

“15℃で放置した場合の水素ガスの発生スピードと発生量は、以下のデータをご参考ください。

 

15℃の場合:
12時間後 -> 約5.0ppm(水素ガス溜まり:約2.6cm)
24時間後 -> 約7.0ppm(水素ガス溜まり:約3.2cm)

 

注)水素濃度は、いずれも30秒間ボトルを振とうさせた場合の数値です。”

 

とあります。

 

そして、何故、このような高濃度の水素水が生成できるかというと、これは「ヘンリーの法則」に基づいているとのこと。

 

通常、私達が生活する常圧下で得られる溶存水素濃度は、最大1.6ppm前後と言われています。この数値はよく耳にされるのではないでしょうか?アルミパウチ型の充填時の最大濃度が1.6ppmと言われているのも、ここからくるようです。

 

ところが、このセブンウォーターの場合、密閉容器内に水素ガスを発生させることで容器内が加圧され高圧環境になり、その高圧下で飲料と高濃度水素ガスを混ぜることによって、専用のペットボトル使用時では、その約3〜4倍以上(約5.0〜7.0ppm)の超過飽和状態の水素濃度の飲料を得ることが出来るのだそうで、これをヘンリーの法則と呼ぶようですが・・・

 

いずれにしても、アキュエラ水素水7.0にしろ、このセブンウォーターも、約5.0〜7.0ppmの高濃度の水素水を得ることが出来るようです。

 

 

水素水を飲む場合は、その前に、水素発生剤を入れて長時間経過したところで、約30秒間ペットボトルを振って、ペットボトル内部で発生した水素とミネラルウォーターを混ぜ合わせます。ただ、本当に水素が含まれているのかどうかチェックしたくなったので、ペットボトルの蓋を開け、付属の「溶存水素濃度判試薬」で水素水と思われるミネラルウォーターに試薬を投入してみました。

 

通常の水にこの判定薬を投入すると、

 

セブンウォーター水素水7.0
のように、青色のまま。

 

しかし、水素が含まれていると、一瞬で透明に変化するはずです。

 

同梱されていた溶存水素濃度試薬を入滴して、本当に水素が含まれているか、濃度はどれくらいかが判定できます。濃度については、入滴を始めて何滴目で透明にならなくなったか(つまり、透明を維持できる滴数)で判定できるようですが、ここでは省略します。

 

ただ、水素を含んだ水素水であることには間違いありません。
20時間経過の水素水に、この試薬を投入してみました。↓↓↓
セブンウォーター。水素を含んでいるかどうかをチェック!
(水素が含まれていれば、投入した青色の試薬が透明に変わります。)

 

瞬時に透明に変わったので、間違いなく水素が含まれています。そして、コップにこの水素水を注いでみると、

 

セブンウォーター水素水7.0で作った出来立ての水素水
(出来立ての高濃度水素水です。ガラスには、水素と思われる泡がたくさん付着しています。)

 

残念ながら、実際の水素濃度までを正確に調べることはできないですが、いずれにしても、自宅で、このような高濃度の水素水が生成できるなんて、とても画期的だと思います。

 

 

もう一つ、驚きの発見が・・・

 

このセブンウォーターは、ペットボトルにミネラルウォーターを満タンに入れた状態の中で水素を発生させるわけですから、ボトルの中は高圧状態になってしまいます。これは、ボトルが硬くなってしまうことからも分かりますし、蓋ももっこり膨らみます。

 

このような高圧状態のボトルの蓋を開けると、「シュポッ」と音を立てながら中から水素水が噴きこぼれ、テーブル上にこぼしてしまうことがあるのですが、そのこぼれた水素水をよくみていると、白濁しているところがあるんです(↓↓↓)。

 

セブンウォーター。水素を含んでいるかどうかをチェック!

 

そして、触ってみると、何だかヌルヌルしています。恐らく、蒸発しようとしている水素のせいでヌルヌルした感触があるのではないでしょうか?これも、高濃度の水素水の証なのでは?とも思ってしまいます。

 

 

出来立てのセブンウォーター水素水7.0を飲んでみた!

写真撮影も終了したところで、高濃度の水素水を飲んでみました。
ミネラルウォーターの水素水ですから、無味無臭。でも、泡をふんだんに含んだ水素水なので、高濃度の水素水を飲んでいるという感じがします。

 

ただ、このような高濃度の水素水を得るには、12時間から24時間程度待たなければならないことと、飲み終えたら毎回、水素水を生成する作業(とはいっても、数分ですが・・・)が発生しますので、面倒臭がりやの方には、不向きかもしれませんね。

 

もう一つ気になったのが、この水素水に不要な発生物が混じることは無いのかということ。
アキュエラ水素水7.0の場合は、水素発生キットと実際に口にする水素水が完全に分離されていたので、発生キットから不要物が混じることは無いようですが、こちらのセブンウォーターの場合は、口にする水素水に水素発生剤を直接投入します。途中、不要なものがこの水素発生剤から漏れ出して、混じってしまうのではないか?という疑問が湧いてしまいます。

 

そこで、セブンウォーターのサポートセンターに問い合わせてみました。
後日、メールという形で回答を頂いたのですが、
●水素発生剤に使用している成分は、食品添加物として厚生労働省に認められているものである。
●水素発生剤で使用しているフィルムは、ガス透過性フィルムという特殊な不織布で、水素を生成しているうちに、中身の成分が水中にもれ出ることはなく、また、水素ガス発生前と発生後に水質の変化がないことも検証実験済み。
という回答を頂いています。

 

つまり、不純物や不要物等は発生しないようで、安心して飲むことが出来ます。

 

 

セブンウォーター水素水7.0はおススメ!

アキュエラ水素水7.0との違いは、上述のように水素生成キットに微妙な違いがありますが、価格についても、こちらセブンウォーターのほうが、お安くなっています。

 

初回購入時は、水素発生剤(30包)と水素生成キットを含めて6,048円(税込、送料無料)

 

以降、定期購入の場合は、
水素発生剤(30包)x 1: 5,832円(税込、送料無料)
水素発生剤(30包)x 2:10,692円(税込、送料無料)

 

となっています。

 

水素水は、「水素濃度が命」と言っていいでしょう。
つまり、このセブンウォーター水素水7.0は、その水素濃度が5.0〜7.0ppmという高濃度の水素水を自宅で簡単に作れてしまうという優れもの。
高濃度の水素水をお求めの方には、是非、おススメしたい商品です。

 

 

セブンウォーター水素水7.0ppmの公式ページは、↓↓↓をクリック

>> セブンウォーター水素水7.0ppm <<