水素水研究の歴史

水素水研究の歴史について

 

最近何かと話題の水素水。ミネラルウォーターや浄水器とともに、美容や健康に役立つアイテムとして人気です。

 

意外に古くから名前をさまざまに変えながら、健康産業で次々と商品化されてきた水素水。実は、その誕生から約半世紀の時間が経っている息の長い健康アイテムなのです。

 

 

水素水は、およそ半世紀の歴史があります

 

水素水の歴史はおよそ半世紀

水素水が、健康効果のあるミネラルウォーターのような捉え方をされるようになったのは、1958年に諏訪方季氏が発明したシンノオル液製造器までさかのぼります。

 

もともと諏訪氏は、電気治療器を開発する研究者でした。飲料水の重要性に早くから気づいていて、水を電気分解して健康に役立てられないか研究を進めていました。シンノオル液製造器から生み出される水は、やがて電解陰極水という名称で世に出回ることになります。一般的にはそれほど知られていなかったものの、健康意識の高い人たちの間で話題となりました。

 

なぜ電気分解水が健康アイテムの一つになったかというと、当時の厚生省薬事局の発表がベースとなっています。

 

1965年の文書によれば、電解陰極水に整腸効果が認められると発表されていました。電解陰極水はその後20年近く、健康マニアの間でしか知られていない幻の水でした。

 

 

家電メーカーによるアルカリイオン水戦略

その歴史が大きく変わったのが、1980年代初めです。

 

電解陰極水を家庭で気軽に飲めないか、と開発を進めていた大手電機メーカーが、アルカリイオン水という切り口を思い付きます。電解陰極水とアルカリイオン水とは同じものです。ただ、電解陰極水の中の水素分子が増加するにつれて、アルカリ性が強まることを強調した名称です。

 

リトマス試験紙の実験でおなじみの酸性、中性、アルカリ性は、pHという水素イオン濃度の高低によって判別されます。

 

電解陰極水がアルカリ傾向であれば、体内のpH調節に役立つのではないかと考えられました。水素水よりアルカリイオン水という名称に馴染みが深いかもしれません。それは、もともと同じものでありながら、最近までアルカリイオン水の浄水器や飲料品が主流だったからといえます。

 

 

本格的研究の発展期

電解陰極水の研究は、1990年代に大きく進展しました。その10年間で大きなニュースが3つあります。

 

◆糖尿病治療に応用
1992年、神戸市の協和病院院長、河村氏が電解陰極水水を糖尿病治療に導入したことがマスメディアで取り上げられました。当時、健康ブームの真っ只中でその追い風に乗り、一大ブームを巻き起こします。

 

電解陰極水を家庭で作れる整水器が、市場に出回るようになりました。

 

しかし、医学的な実証が薄かったこと、効果や効能の宣伝を規制する薬事法違反の疑いがあったことなど、さまざまな問題によって電解陰極水は一旦市場から忘れ去れてしまいます。

 

◆学術的研究スタート
電解陰極水に対する消費者のニーズは高く、医学的に研究が必要と考えた国によって財団法人機能水研究振興財団が発足します。1994年のことです。

 

電解陰極水やアルカリイオン水にあるとされる効果や効能の研究が本格化します。とくにアルカリイオン水検討委員会(京都大学医学部で衛生学を専攻の糸川嘉則教授が委員長に就任)の立ち上げは、前年下火になってしまった電解陰極水ブームを再び再燃させるきっかけとなりました。

 

◆「水素水」を生んだ九州大白畑教授の研究
財団法人機能水研究振興財団の設立から3年後、1997年に発表された研究論文が大きなニュースとなります。

 

九州大学の白畑實隆教授によって進められていた電解陰極水の研究成果です。白畑教授の論文によると、水素を多く含む水を電気分解で作り出せば、健康に役立つ活性水素を手に入れられるとあります。

 

電解陰極水の活性水素にスポットを当てたことで、水素水という呼び名が定着するようになりました。

 

現在では白畑教授の研究を疑問視する意見が多いものの、現在に続く水素水ブームを生み出した立役者であることは間違いありません。

 

活性酸素を活性水素で打ち克つ

活性酸素は、体を錆び付かせるアンチエイジング分野でおなじみの物質です。

 

2007年、日本医科大学大学院の太田成男教授は、活性酸素を水素を多量に含む電解陰極水によって除去できる研究成果を発表しました。再び水素水ブームが高まりを見せ、それまで以上に医学的な研究や商品開発が発展していきます。

 

 

まとめ

水素水は電解陰極水やアルカリイオン水、水素水へと名称を変えながら、医学研究や健康産業での応用が続けられてきました。

 

現在の水素水ブームは、活性酸素を抑制する効果が確認されたことから火が付いたものです。およそ50年以上の歴史を経て、いまや水素水は健康アイテムの中でとりわけ人気のあるものの一つに数えられています。

 

 

水素水の効果TOP