水素水の飲み方と選び方

水素水の飲み方と選び方

 

いま話題の水素水をより効果的に飲む秘訣はあるのでしょうか? 

 

健康的な毎日をサポートするために、ミネラルウォーター代わりで気軽に飲むのもかまいません。しかし、水素水のパワーを体内でよりよく引き出すための飲み方があるんです。

 

正しい水素水の飲み方とは?さらに、元気な毎日を送るため、あなたにピッタリの水素水選びの方法をまとめてみます。

 

水素水の選び方と飲み方

 

 

水素水の飲む量や適温は?

 

水素水は、健康や美容のためにミネラルウォーターを飲む感覚で始めましょう。

 

積極的に水を飲むという健康法があります。おおむね1日あたり新鮮な水を1.5リットルから2リットル程度を推奨しています。水素水だからといって、飲む量を控える必要はありません。

 

ただ、水分の過剰摂取は胃液を薄めて消化に影響を及ぼしたり、全身のだるさを引き起こしたりします。とくに飲み忘れたからといってまとめて飲むのは避けましょう。

 

一日の水素水の量を決めたら、喉の渇きを覚える前に、ちょとずつちびちびと飲むのがおすすめです。

 

 

飲むのに適した温度はある?

水素水の温度は、常温または冷蔵庫で冷やした程度のどちらがいいか結論は出ていません。常温のほうが体への負担がなく、胃腸の動きを妨げず体の冷えを防ぐので万人向けです。

 

冷温で水素水を飲むと、体が体温を上げようとして基礎代謝が高まり、ダイエットやデトックスに役立つという考えもあります。

 

水素水を初めて飲む人は、常温から慣らしていって、運動後や暑い季節になったら冷温を試してみるというやり方がいいでしょう。

 

 

飲むタイミングで効果が違う!?

水素水に期待できる最大の効果は、活性酸素を除去してくれることです。活性酸素が発生しやすいタイミングを狙って飲むようにすれば、細胞レベルで活性酸素と水素が結びつき、無害な水へと変えてくれます。

 

活性酸素が出やすいのはどのような時でしょうか?

 

スポーツや仕事で疲労を感じたり、精神的・肉体的にストレスを感じたり、睡眠が不足して眠気が続いたりするときです。また、紫外線やタバコ、アルコールは体内の活性酸素を増やすことで知られています。

 

日常的に太陽光にさらされたり、喫煙や飲酒の習慣がある人は、普段から水素水を飲むようにすると、活性酸素の影響を抑えられます。

 

体内に入った水素は貯めておくことができません。したがって、活性酸素が出やすいなと思う先ほどのような状況に合わせて、水素水を飲むことが大切です。

 

 

水素水は、濃度とコスパで選べ!

水素水は、どれだけの水素が含まれているかと、価格とのバランスで選びましょう。

 

水素の量は、水素濃度をチェックすればすぐにわかります。水素の商品パッケージに水素濃度または水素含有率と表記されています。

 

水素濃度はppmという単位で表記されます。選ぶときは2.0ppm以上のものを選ぶと水素濃度もそれなりに含まれていて、健康効果が期待できるといわれています。

 

また、毎日気軽に続けるためには価格も大切です。水素含有率と値段のバランスを考えながら、自分の都合に合わせた水素水を選びましょう。

 

パウチ容器の水素水は、定期購入で通常価格よりお得に手に入れられるものが多く出回っています。また、水素スティックや水素サーバーなら、何回も水素水が作れるので、パウチ容器よりさらにコスパが抑えられます。

 

ただ、水素水は開栓するとすぐに水素が抜けやすいという性質があります。一度開けたものは長くても6時間程度で水素がほとんど気化するといわれているほどです。

 

スティックやサーバーを使うより、高濃度の水素水を確実に飲むためにパウチ容器を選ぶユーザーが多くなっています。

 

 

まとめ

水素水は、毎日飲み続けなければ健康効果の実感が得られません。

 

せっかく飲むなら、できるだけ効果を上げられる飲み方や商品を選びたいものです。飲むタイミングや一日あたりの量、そして水素濃度に着目した選び方など、コストパフォーマンスを考えながら自分に適した水素水商品を見つけてみてください。

 

 

水素水の効果HOME