水素水の健康への効果を知る前に、活性酸素とは?

活性酸素とは?

 

細胞の中には、ミトコンドリアと呼ばれる器官があり、そこで、我々が主に口から摂取した食べ物の栄養、例えばブドウ糖、タンパク質、脂肪など、を燃やしてエネルギーに変えます。この時、この燃料が燃えやすいように補助する役目を果たすのが、酸素です。

 

血液によって運ばれてきた栄養を、同じく血液中のヘモグロビンと結合して運ばれてきた酸素を使って燃やし、エネルギーに変換するのが、ミトコンドリアという器官の大切な仕事ですが、この生成された熱エネルギーは、ATPという分子に蓄積されます。そしてこのATPが、熱エネルギーを必要とする細胞や組織に届けてくれるのです。

 

エネルギー生成の過程で、欠かすことのできない酸素。
この酸素が無ければ、我々の身体の全機能が低下し、死に直面することになりますし、特に脳への供給がストップしてしまうと、数分で回復不可能なほどのダメージを受けてしまいます。

 

 

酸素は必要不可欠である反面、危険性もあるということを知っておく必要があります。というのも、呼吸で取り入れられた酸素のうち、そのごく一部が活性酸素になってしまうからです。

 

活性酸素は、強い酸化力を持っています。このおかげで、体内の細菌やウィスルを殺すのに役立っていますが、多すぎると遺伝子や細胞を傷つけて健康を損ねてしまう、という厄介な性質ももっています。

活性酸素にはいくつかの種類がありますが、その中でも非常に厄介なのが、「ヒドロキシルラジカル」と呼ばれる、酸化力の非常に強い活性酸素なのです。

 

 

この様に、我々人間が生きていく上において、避けては通れない活性酸素という存在。ですから、この活性酸素とどうやってうまく付き合い、被害を最小限に留めていくかを考えていくことが、とても大切なのです。

 

そこで考えられるのが、この酸素を排除する「還元」という化学反応。
水素があれば、この活性酸素と結びついて水になるという現象は、理科の実験でも確認した通りですが、水素があれば活性酸素を還元し、無毒の水に変換してくれるわけですから、これほど有難いことはありません。

 

 

もう一つ、この活性酸素で恐ろしいのが、細胞の奥深くにまで入り込んでいるということです。
活性酸素の発生過程は、ミトコンドリアでエネルギーを生成するときに副産物として発生しますが、この細胞の中には遺伝子があり、活性酸素の仕業でこの遺伝子にも傷がつくことがあるということです。ガンがその例です。

 

 

水素は、原子番号が1で非常に小さく軽い元素。したがって、人間の身体の隅々まで行き渡ることが出来ます。
たとえ活性酸素が発生するような細胞の中でも、水素は行きつくことができるので、この水素があれば、不要な活性酸素を還元させ無害な水へと変換してくれるのですから、これほど有難いことはありません。

 

 

 

水素水の健康への効果を知る前に。活性酸素と水素。関連ページ

水素で満たされた生活を目指して
水素で満たされた生活を目指して
水素水こそがあなたを救う!
水素水こそがあなたを救う!
疲労への効果
疲労の原因として新しく浮かび上がった活性酸素。そして、非常に優れた抗酸化作用を持つ水素が、この酸化力の強い活性酸素を消去してくれるのです。疲労の予防や回復に対する効果が期待されています。